顔汗止めたい方必見!顔汗用制汗ジェルでメイク崩れもブロック!

夏になってくると体だけでなく顔にも大量の汗をかきやすくなりますよね。
普通に歩いているだけでも汗が噴き出てくるし、そのたびに何度も化粧直しをする羽目に。
女性にとっては、とてもめんどくさいですよね。

顔汗対策として様々な方法が紹介されています。
例えば

・ウォータープルーフファンデーションなどで崩れにくくする
・汗をなるべくかかないよう、水を飲まない
・ブラジャーをきつく締める

など

でもあまり効果がないという方も多いはず。

顔に汗をかきやすくて困っている方、顔汗を止めたい方におすすめなのが【サラフェ】という顔汗専用ジェルクリーム!
顔専用というところがポイントです!!


話題の制汗ジェル【サラフェ】とは

コスメ 化粧品 顔汗 制汗剤 クリーム 汗 多汗症
吹き出る顔汗を「速攻」ブロック!皮脂を抑えてテカリをブロック!

注文するとこんなパッケージで届きます。
コスメ 化粧品 顔汗 制汗剤 クリーム 汗 多汗症

コスメ 化粧品 顔汗 制汗剤 クリーム 汗 多汗症
商品のクリームと、カタログなどが入っています。
カタログにはクリームの使い方などが細かく解説されています。

コスメ 化粧品 顔汗 制汗剤 クリーム 汗 多汗症
チューブタイプで使う分だけ出しやすい。白色のジェルクリーム。柔らかめのテクスチャーなのでスーッと伸びます。
安心・安全の日本製・医薬部外品。
お肌にやさしい無添加・低刺激処方なので敏感肌でも安心して使えます。

サラフェは実際に汗を止めるのではなく、汗の量を減らして汗が出にくくしている抑制効果がポイント。
有効成分フェノールスルホン酸亜鉛が毛穴の奥で働くため肌表面に膜を張りません。

①毛穴の奥で汗の作られる量を減らす
②収斂効果(毛穴引き締め)で汗の粒を小さくする
③粒が小さくなるので、肌表面で蒸発しやすくなり汗が垂れてこない

といった仕組みです。

ワキ汗用の制汗剤でもいいのかなと思いがちですが、市販のワキ用制汗剤の多くのものの主成分はクロルヒドロキシアルミニウムを使用していて、これは皮膚表面に膜を張って毛穴を塞ぐ性質を持ちます。
そのため顔に使用することができないと裏書にも記載されています。
またパウダーが白残りしたり、スプレータイプはガスにむせてしまうなど使い勝手も良くありません。

だから、止まらない顔汗にお悩みの方には顔専用がおすすめ!
塗るだけで顔汗を抑え、美容効果たっぷりなので使い続けることで毛穴の目立たない肌にする効果も!

小さいのでポーチに入れて持ち運びも便利!

雑誌にも紹介されていました!
コスメ 化粧品 顔汗 制汗剤 クリーム 汗 多汗症

【こんなお悩みにおすすめ!】

・太ってもないのに顔の汗が他の人より多い
・年齢のせいか年々汗が増えてきた
・顔だけ汗が多い(もちろん他の場所も汗をかくが、それはすごく悩むほどではない)
・汗で崩れる
・誰も汗をかいていなくても一人だけダラダラしているので恥ずかしい
・通勤時の電車で汗が止まらない
・冬なのに暖房が効いた部屋で汗だく
・汗でマユ毛やメイクが落ちて、メイク直しがめんどう
・合コンでひとりだけ汗が止まらず恥ずかしい

【サラフェを使用したお客様の声】

・眉毛が落ちなくなったのが嬉しい
・汗が完全に止まるわけではないが、気にならなくなった。
・化粧直しの回数が減った
・持ち歩くハンカチの枚数が減った
・化粧直しが減ったから、化粧品代がかからなくなった
・堂々と人に会えるようになった。
・外出するのが億劫だったけど、それがなくなった。
※上記は個人の感想です

夏だけでなく冬の汗対策にもおすすめ!
部屋の中の暖房が暑すぎて、冬でも汗をかくこと多いですよね。
汗をかくと肌が乾燥しやすくなるそうです!
ただでさえ冬は肌が乾燥しやすいのに、ますますカサカサに・・・。冬の乾燥肌対策コスメとしても使えますね!

ぜひチェックしてみてください!


【サラフェのおすすめポイントまとめ】

・日本初、顔用制汗ジェルクリーム
・白色ジェルクリーム
・肌に乗せると透明になるため、白浮きの心配なし
・美容成分が豊富なので、化粧水・乳液・下地効果まで含んだオールインワンジェルとして使用可能
・無香料(若干の香りは成分そのものの香り)
・容器が小さく持ち歩きしやすい
・最後の1gまでしっかりと使い切ることができる(チューブをハサミで切って最後まで使いたいという要望に基づき設計)
・発売以来約10万本の大ヒット
・モンドセレクション2016年ブロンズ受賞

送料│600円
発送│1週間以内
支払│NP後払い、クレジット
NP後払い手数料無料




⇒【サラフェ】の詳細・購入はこちら

⇒ほかの顔汗用制汗剤をもっと見る

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする