2018おすすめクリスマスプレゼント!後払いのペアブレスレット通販

クリスマスプレゼントにおすすめの人気ペアブレスレット通販サイトをご紹介しています。
カップルに大人気のペアブレスレット。
ヴァンドーム青山、ザ・キッス、ラバーズシーンなどの人気ブランドのブレスレットや、天然石ブレス、ビーズブレス、バングルなども揃います。
送料無料、即日発送可能、刻印OK!

【人気ブランド多数!】おすすめペアブレスレット通販

ジェイウェルドットコム

ジェイウェルドットコム

クロネコ代金後払い:手数料540円

送料│500円:10,800円以上無料
配送│1~3営業日
支払│クロネコ代金後払い、クレジット、代引き、コンビニ前払い、銀行振込、郵便振替、キャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)

LOVERS SCENE、HEART OF CONCEPT、THE KISS、wacca、PMR、Magische Vissen、ディズニーデザインなど人気ブランド200以上、30,000点のジュエリー&アクセサリーを取り揃える通販サイト。
ここでしか買えない特別な限定ペアブレスレットも多く、クリスマスプレゼント、記念日、誕生日プレゼントに選ばれています。
男女ともにコーディネートを選ばずつけやすいレザーブレスレットが人気です。
シルバーバングル、ビーズブレスレット、シルバーブレスレット、天然石ブレスなどシンプルデザインから個性的なものまで種類豊富。
価格もペアで4000円~と安い
ラッピング資格を持ったスタッフによる豪華なラッピングはプレゼントにおすすめ!
クイックデリバリー(即配)対応商品なら、注文した当日に発送してくれるのでお届けも早い!
サイト内ではペアブレスレット人気ランキングを紹介しているので、そちらを参考にして決めるのもおすすめです。

⇒ショップはこちら


ペアリング・ペアネックレス専門店FISS

FISS

NP後払い:手数料525円

送料│無料:離島、一部地域は追加料金あり
配送│3日~14日営業日
支払│NP後払い、クレジット、代引き、銀行振込、郵便振替

ペアアクセサリーの専門店。有名人気ブランド商品も多く取り扱っています。
送料無料、ラッピング無料、刻印サービスもあり。
世界に一つ、ふたりだけのオーダーメイドペアブレスレット・ペアバングルが作れる、選べるセミオーダーペアブレスレットも人気!もちろんメッセージ刻印OK。誕生石もあり。
ペアセット価格で6,000円台~と安い!10,000円以下のペアブレスレットも多く、学生さんにもおすすめ。
メンズブランド「Sympathy of Soul」「LION HEART」「Gild」とのコラボブレスレットもおすすめ!

⇒ショップはこちら

ペアブレスレットは早めの注文がおすすめ!

クリスマスプレゼントにペアブレスレットを選ぶ男性、女性は多いですよね。
最近では彼氏から彼女へ贈るだけでなく、彼女から彼氏へのクリスマスプレゼントとしても人気です。

ペアブレスレットはカップルでお揃いアイテムを持つのが苦手な方にもおすすめのアイテムなんです!
ペアリングも人気ですが

・指輪をつけるのが苦手
・手元は他人の目につきやすく、目立ちやすいから恥ずかしい
・仕事で指輪がつけられない
・無くしやすい

などの理由で、ペアリングに抵抗感のある方も多いです。

その点ブレスレットならコーディネートアイテムとして使いやすく、ペアリングに比べて一目でお揃いとはわかりにくいです。
さりげなく着けられるのがいいですよね!
お揃いは恥ずかしい・・・と感じている方にも、つけやすいですよ。

また、肌が敏感でネックレスがつけられないという場合は、金属アレルギーが出にくいステンレス素材や金、プラチナなどがおすすめです。

ペアブレスレットでもデザインによっては文字を刻印できるネックレスがあります。
二人の名前を入れたり、記念日の日付を刻んだり・・・二人だけにしか分からない秘密の言葉やメッセージを入れたりしてもOK!
刻印はブレスレットのデザインによって入れられなかったり、文字数に制限がある場合も。
刻印を希望される方は、必ず刻印可能なブレスレットか事前に確認しましょう。

また刻印する場合、お店によっては当日発送が可能なところと、刻印予約の順番のため数日かかる場合があります。
このあたりもしっかり確認しておくと安心ですね。

お気に入りのペアブレスレットを見つけて注文したあと、お届けまでにかかる日数はお店により異なります。
今注文したら何日発送か、お届け予定日は何日かの確認はとても重要です。
特にサプライズで贈りたい場合は、クリスマスになっても届かない!なんてトラブルがないよう、日にちに余裕をもって準備しておくことをおすすめします。

思い出に残る素敵なプレゼントになるよう、準備はお早めに。

クリスマスとは

クリスマスとは、イエス・キリストが今から約2000年前に、ベツレヘムの馬小屋で降誕(誕生)した日を祝う「キリストの降誕祭」です。
12月25日がクリスマスですが、古代は「日没」が一日の終わりとしていたため12月24日の夜は古代では12月25日の朝であり、ここからクリスマスが始まっていたとされています。
現在では12月24日はクリスマス・イヴとしてお祝いすることが広まっています。
ちなみにイブ(Eve)とは「前夜」という意味です。

クリスマスは英語の「Christmas」ですが、これは「キリスト(Christ)のミサ(mass)」という意味です。
フランス語でクリスマスは「Noel」(ノエル)で「誕生日」を意味し、ドイツ語では「Weihnacht」と呼ばれ、これは「聖夜(キリストが生まれた夜)」という意味です。

このことからもクリスマスとは、イエス・キリストがこの世に生まれたことをお祝いする日ということがわかります。

クリスマスプレゼントを贈る由来

クリスマスには家族や恋人へ想いを込めたプレゼントを贈ることが習慣となっています。
その始まりは諸説ありますが、イエス・キリストの存在が大きく関連していると考えられています。

サンタクロースの起源とも言われているキリスト教の司教である聖ニコラスが、貧しい人や子供達へ贈り物をしていた行いが由来だそうです。
またキリストの誕生をお祝いする際に賢人たちが贈り物を持ち寄ったことが始まりとも言われています。

日本でクリスマスプレゼントの習慣が始まったのは明治時代頃。
その当時ニューヨークで行われていた、クリスマスに貧しい人にプレゼントを贈るというイベントを真似して始まったそうです。
今では家族や恋人同士でプレゼントを贈りあうようになり、絆や愛を感じられる素敵なイベントとなっています。

クリスマスプレゼントで人気のアイテム

カップルの方に人気が高いクリスマスプレゼントはアクセサリー。その中でもおすすめはペアリングやペアネックレスです。
二人だけの特別なペアアクセサリーは、愛が一層深まりますね!
もっと特別感を演出したいならアクセサリーに好きな言葉やメッセージ、二人の名前などを刻印して贈るのもいいですよ。

女性へのプレゼントに人気なのは財布、バッグ、美顔器、香水。
男性へのプレゼントに人気なのは財布、バッグ、靴、アクセサリー、腕時計など。

他にも洋服やインテリアグッズ、寒い季節にピッタリのスヌードやマフラー、手袋などのファッション小物もおすすめですよ。

あなたの大切な人にぴったりのクリスマスプレゼントをぜひ見つけてみてください。

後払いとは

後払いとはネット通販サイトを利用する上での一つの決済方法で、商品を受け取ったあとに代金を支払うやり方です。
代金引換、コンビニ前払い、銀行振込、郵便振替などの支払いだと、先に代金を支払わなければ受け取れません。
後払いは商品を先に受け取り、ネットで見た通りの商品がちゃんと届くか、不良品や欠陥品ではないか、といったことを確認してから代金を支払えるので安心して取引できるといったメリットがあります。

後払い決済のやり方

注文時に購入画面で「後払い決済」を選択します。
そのほか必要事項を入力し、注文ボタンを押したら注文完了!
あとは商品と後払い請求書が届くのを待っているだけでOK!
後払いの請求書は商品と一緒に入っている場合と、商品とは別にあとから郵送される場合と2種類あります。
これはショップによって異なります。

後払い請求書が届いたら決められた期限内に支払いを済ませましょう。
請求書発行から14日以内となっていることが多いです。
この支払い期限もショップによって異なるので、必ず確認してください。

代金の支払いは近くのコンビニ、銀行、郵便局で行います。

後払い決済方法の種類

後払い決済にはいくつか種類があり、運営会社によってそれぞれ名前があります。
今現在ネット通販サイトで利用されている後払いはこちらの種類があります。

NP後払い
後払い.com(後払いドットコム)
ニッセン後払い(スコア後払い)
GMO後払い
SAGAWA後払い
クロネコ代金後払いサービス
ATODENE後払い(アトディーネ後払い)
ミライバライ
Paidy
atone(アトネ)
自社後払い
郵便振替後払い
ケータイ払い
その他の後払い

多くのお店ではこの中のいずれかの後払い決済を導入していますが、お店によっては独自の後払い決済を行っているところもあります。

支払い時には後払い手数料が発生しますが手数料はショップによって異なります。
また設定されている利用金額の上限を超えると、一時的に後払い決済を使えないこともありますので気を付けましょう。
上限金額はショップによって異なります。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする