後払いの妊娠検査薬通販

この記事は約13分で読めます。

後払いでお買い物できる妊娠検査薬をご紹介しています。
妊娠検査薬はドラッグストアなどでも購入できますが、お店で買うのはちょっと恥ずかしいです。
そんな方のためにネット通販サイトで妊娠検査薬を取り扱っているお店をまとめています。
誰にも知られずに購入できるので恥ずかしい思いをしなくてすみますし、まとめ買いでお店よりも安い金額で購入できることもあるので便利ですよ。

後払いで買える妊娠検査薬おすすめ通販サイト

ケンコーコム【Yahoo!ショッピング店】

NP後払い:手数料無料

送料│660円(沖縄1,100円):3,980円以上無料
配送│最短
支払│NP後払い、クレジット、代引き、PayPay残高払い

商品数は日本最大級の19万点以上!クリアブルー、ウーマンチェック、チェックワン、チェックワンデジタル、P-チェック、ドゥーテストを取り扱っています。
ほとんどの検査薬が通常1~2日以内出荷予定になっているので、急ぎで欲しい方におすすめ。

⇒ショップはこちら

妊娠検査薬について

妊娠検査薬(にんしんけんさやく)とは、尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)に対する反応を調べて、妊娠の有無を判定するものです。
生理が遅れている、腹痛がある、着床出血などの妊娠初期症状を感じた時に、本当に妊娠しているかどうか自分でチェックすることができます。

市販の妊娠検査薬はドラッグストアや薬局などで簡単に購入することができます。
使い方も簡単ですが、説明書をきちんと読まずに使ったり、正しいタイミングで使用しないと正確な結果が出ない場合もあります。

一般的な妊娠検査薬の使用方法は、棒状の検査薬の先に、おしっこをかける。または、おしっこをコップにとって棒の先につけて行います。
その後、検査の棒を平らなところにおいて数分待つだけで検査終了。
検査薬に妊娠反応ありなし、の結果が出ます。

しかし初めて使用する場合、選び方や使い方、また使うタイミングが分からないという方も多いようです。
そこで妊娠検査薬をいつから使うと正確な結果がでるのか、妊娠検査薬が使える時期と注意点、検査日の確認方法や妊娠検査薬の種類、値段など、詳しく紹介していきます。

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンに反応する仕組みとなっています。
hCGとは子宮内の胎盤を作る絨毛(じゅうもう)という組織から分泌されるホルモン。受精卵が子宮内膜に着床したときに分泌量が増加します。

hCGは着床しはじめは分泌量が少ないですが分泌後4日前後で尿に排出されるようになります。
排卵後10日前後から尿中のhCG濃度が上昇し、排卵後12日目頃(着床後約3日)には25mIU/mL、排卵後14日頃(着床後約5日)には50mIU/mL以上に達します。
市販の妊娠検査薬は尿中のhCG値が50mIU/mL以上の場合に陽性反応が出るものが一般的です

妊娠検査薬はいつから使用できる?

妊娠検査薬は「生理予定日から1週間後以降」に使いましょう
つまり、前回の生理開始日+生理周期+1週間前後が目安です。
前回の生理開始日も、生理周期もわからない人は、セックスした日+3週間後を目安にしてみてください。

一般的な妊娠検査薬は尿中のhCG値が50mIU/mLを超えると陽性反応を示すようになっています。
また、50mIU/mLの濃度まで達するペースには個人差がありますので、ほぼ確実に判定ができる「生理開始予定日から1週間後以降」が妊娠検査薬を使うタイミングと言えます。

種類によっては、hCGの濃度が25mlU/ml以上で反応が出る早期妊娠検査薬もあります。
早く妊娠検査をしたい方にもおすすめです。
「生理開始予定日の2~3日前」から使えるものが一般的です。

妊娠検査薬のフライングに注意!

「早く妊娠しているかどうか知りたい」という強い思いから、判定可能時期よりも前に検査をしてしまう人がいます。
フライングして検査を行う事で、妊娠検査薬が反応するhCGホルモンが分泌されていなかったり、生理予定日が違った場合は、着床する前に検査をしてしまう可能性があります。
使用時期を間違えると、実は妊娠しているのに、陰性と結果が出てしまうこともあります。
「生理開始予定日の1週間後」という目安を守って、妊娠検査薬を使いましょう。

着床出血後、妊娠検査薬を使えるのはいつから?

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床するときに生じる「出血」のことをいいます
妊娠して生理が止まっているはずなのに生理予定日頃にみられる少量の出血のこと。
これは妊娠初期の頃におこる体の症状といわれていますが、全ての妊娠した方が起こるものではなく、全く症状のない人もいます。
着床出血と思われる出血があると妊娠への期待が高まり「妊娠検査薬を使って早く確認したい!」と思いますが、着床出血があってもすぐに妊娠検査薬が反応するわけではありません。

卵子と精子が受精すると、卵管のなかを3日ほどかけて移動し、子宮に到着します。
そして、受精から約7日目以降に子宮内膜へもぐりこみ、着床するという流れになっています。
個人差がありますので場合によっては、着床まで10日ほどかかることもあるようです。

このことから、着床出血は排卵から約7~10日目以降に起こると予測されます。
通常着床してから3日後にはhCGの濃度が25mIU/mLになり約5日後で50mIU/mLになるといわれています。

まとめると早期妊娠検査薬が反応するのは早い時で排卵から10日目以降、着床出血を確認してからは3日前後になります。

普通の妊娠検査薬では排卵から12日目以降、着床出血を確認してからは5日前後になります。

着床してすぐだと妊娠ホルモンの分泌が少ない為、妊娠しているのに検査をしても陰性になることが多いです。

妊娠検査薬の陽性と陰性について

一般の妊娠検査薬を生理予定日の1週間後以降に正しく使用した場合、99%以上の正確さで判定結果が分かるとされています。
このように高い精度で妊娠の判定ができる妊娠検査薬ですが、場合によっては間違った判定が出る事もあるので注意が必要です。
最初に検査した時は陰性でも、再度検査したら陽性だったというケースもあります。
ではどのような場合に陽性、陰性の反応がでるのでしょう。

陽性

● 正常な妊娠
● 子宮以外で妊娠が継続してしまう子宮外妊娠
● 閉経期
● 流産、もしくは中絶直後
● 不妊治療で性腺刺激ホルモン剤などの投与を受けている
● 高度の糖尿、蛋白尿、血尿
● 卵巣がん、絨毛がん、肺がんなど悪性腫瘍
●胎盤が作られる絨毛組織の異常な増殖による胞状奇胎

陰性

● 妊娠していない
● 妊娠しているが初期のため、まだ検出可能なhCG濃度(50mIU/mL以上)に達していない
● 水分の摂り過ぎによって一時的に尿のhCG濃度が薄くなっている
● 生理周期を間違えた

妊娠検査薬には、陽性反応で薄い線が出る場合があります。
これは蒸発線と呼ばれていて、数時間後に確認するとはっきりと陽性反応が出てくる場合もあります。
1度の結果で判断をせずに、正しい検査が出来る「生理開始予定日の1週間後以降」に再度検査してみてください。

自己診断だけでは危険!妊娠反応が出る3つの疾患

妊娠していないのに、妊娠反応が出る3つの疾患があります。
それは、「子宮外妊娠」と「胞状奇胎」と「流産」です。

子宮外妊娠

受精卵が卵巣に着床(卵巣妊娠)、卵管で着床(卵管妊娠)、筋肉に着床(間質部妊娠)する子宮外妊娠。これに気づかないでいると、着床した組織が破裂して、おなかの中で大出血を起こし、命にかかわることがあります。

胞状奇胎

胎盤を作る絨毛組織の一部がぶどうの粒のようになって増殖してしまう、異常妊娠です。胎児は育つことができないので、掻爬して病巣を取り除かなければなりません。発見が遅れると、大出血を起こしたり、後遺症が残る場合もあります。

流産

実際には流産しているのに、子宮内に胎盤などが残ってしまい、陽性反応が出る場合があります。そのまま放置すると、感染症や大出血の原因となることがあります。

妊娠検査薬はあくまで参考。必ず産婦人科を受診しよう

妊娠検査薬の判定はかなりの確率ではありますが、絶対ではありません
妊娠検査薬で反応が出るころには、妊娠4週目に入っている事が多いです。
陽性が出た場合や、陰性だったのに生理がこないという場合には、早めに医師の診断をあおぐようにしましょう。
不妊療でhCGの投与を受けている人は特に注意が必要です
妊娠を早く知ることで、赤ちゃんの発達に必要な栄養を取り入れていく事が出来るほか、薬の服用やたばこ、お酒など赤ちゃんに悪影響を及ぼす行為を止めることもできます。

「正常な妊娠」といえるのは、「超音波で、子宮の中に赤ちゃんの袋(胎嚢)を確認し、心拍を確認したとき」です。
超音波写真で胎嚢が確認できるのは妊娠4~5週、心拍は6週ごろに確認できます。
子宮外妊娠などでは、妊娠5週目くらいで危険な状態になるケースもありますので「妊娠かも?」と思ったら、少しでも早く病院を受診しましょう。

まとめ

●妊娠検査薬を使用する時は「生理予定日の1週間後」以降
●自分の生理予定日を正しく知る方法

①前回の生理日と生理周期が安定して分かる場合
⇒前回の生理開始日+生理周期+1週間後

②生理周期が分からない、または周期が安定していない場合
⇒前回の生理開始日+(前回の生理開始日‐前々回の生理開始日)+1週間後

③前回の生理日と生理周期が両方とも分からない場合
⇒性交日+3週間後

おすすめの妊娠検査薬

妊娠線検査薬には検査可能日が違う、「一般検査薬」と「早期妊娠検査薬」の2種類があります。
「生理予定日の1週間後以降」よりも早く検査をしたい場合は、hCG反応量が25mIU/mLで反応が出る早期妊娠検査薬を選びましょう。

ただし、一般の検査薬は通常、「生理予定日の1週間後以降」としています。
hCG反応量が多い方が、より確実に妊娠の正確性が出てきます。
判定の正確性を求める方は、生理予定日の「生理予定日の1週間後以降」に使用できる妊娠検査薬を選ぶことをおすすめします。

ドゥーテスト

・値段:450円/1回、575円/2回
・検査可能日:生理予定日の約1週間後から
・hCG検出濃度:50mIU/mL
・検査方法:尿をかける場合/2秒 尿を浸す場合/2秒以上5秒以内
・判定出るまでの時間:約1分

⇒検査薬の詳細・ご購入はこちら

尿をかける部分が大きくなっていて尿をかける時間も短いので、とても使いやすいと人気の妊娠検査薬です。
朝、昼、夜、どの時間帯の尿でも検査できます。
判定方法が箱だけでなく、妊娠検査薬のスティックにも書かれているので、初めてでも使いやすい。

 

P-チェック

・値段:283円/1回、429円/2回
・検査可能日:生理予定日の約1週間後から
・hCG検出濃度:50mIU/mL
・検査方法:尿をかける場合/5秒以上 尿を浸す場合/10秒間
・判定出るまでの時間:約1~3分

⇒検査薬の詳細・ご購入はこちら

検査時に便利なロングタイプで、ピンク色のスティックが可愛い妊娠検査薬です。
尿をかけやすい大きな採尿部。判定窓が四角で、終了窓が丸になっているので、わかりやすいのが特徴です。
陽性の場合、赤紫色の判定線がくっきりでます。
1回当たりの値段が安いので、値段を抑えたい人におすすめの妊娠検査薬です。

 

クリアブルー

・値段:380円/1回、553円/2回
・検査可能日:生理予定日の約1週間後から
・hCG検出濃度:50mIU/mL
・検査方法:尿をかける場合/5秒間 尿を浸す場合/20秒間
・判定出るまでの時間:約1分

⇒検査薬の詳細・ご購入はこちら

50ヵ国以上で販売している、世界No.1シェアの人気がある妊娠検査薬です。
判定時間が1分と早く、青いラインが出たら陽性となります。

 

チェックワン

・値段:796円/1回、1,124円/2回
・検査可能日:生理予定日の約1週間後から
・hCG検出濃度:50mIU/mL
・検査方法:尿をかける場合/3秒間 尿を浸す場合/5秒間
・判定出るまでの時間:約1分

⇒検査薬の詳細・ご購入はこちら

ほとんどの妊娠検査薬が10分程度放置したままにしておくと、判定結果が消えたり、無効になったりしてしまう中、判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。
あとで旦那さんや彼氏に判定結果をみせることができます。

 

ウー・マン チェック

・値段:462円/1回、538円/2回
・検査可能日:生理予定日の約1週間後から
・hCG検出濃度:50mIU/mL
・検査方法:尿をかける場合/5秒~10秒 尿を浸す場合/20秒間
・判定出るまでの時間:約1~3分

⇒検査薬の詳細・ご購入はこちら

採尿チップが大きく、初めてでも使いやすいです。1日中いつでも検査可能で、陽性の場合、赤色ラインが出ます。

 

チェックワン デジタル

・値段:2,381円/3回
・検査可能日:生理予定日の約1週間後から
・hCG検出濃度:50mIU/mL
・検査方法:尿をかける場合/5~7秒 尿を浸す場合/15秒間
・判定出るまでの時間:約1分

⇒検査薬の詳細・ご購入はこちら

人気のチェックワンブランドから出ている、判定結果を液晶ディスプレイに表示するデジタル方式の妊娠検査薬です。
判定結果がはっきりしているので、わかりやすいのが特徴。テストスティックを取り換えて3回使用できるタイプです。

 

デジタル P-チェック

・値段:914円/1回
・検査可能日:生理予定日の約1週間後から
・hCG検出濃度:50mIU/mL
・検査方法:尿をかける場合/5秒以上 尿を浸す場合/10秒間
・判定出るまでの時間:約3分

⇒検査薬の詳細・ご購入はこちら

デジタル判定でわかりやすい。初めて使う人におすすめの妊娠検査薬です。
スイッチを入れたら15分以内に検査を開始して下さい。15分過ぎると使用できなくなります。
また、一度スイッチを入れると電源はOFFにはなりませんのでご注意下さい。

後払いとは

後払いとはネット通販サイトを利用する上での一つの決済方法で、商品を受け取ったあとに代金を支払うやり方です。
代金引換、コンビニ前払い、銀行振込、郵便振替などの支払いだと、先に代金を支払わなければ受け取れません。
後払いは商品を先に受け取り、ネットで見た通りの商品がちゃんと届くか、不良品や欠陥品ではないか、といったことを確認してから代金を支払えるので安心して取引できるといったメリットがあります。

後払い決済のやり方

注文時に購入画面で「後払い決済」を選択します。
そのほか必要事項を入力し、注文ボタンを押したら注文完了!
あとは商品と後払い請求書が届くのを待っているだけでOK!
後払いの請求書は商品と一緒に入っている場合と、商品とは別にあとから郵送される場合と2種類あります。
これはショップによって異なります。

後払い請求書が届いたら決められた期限内に支払いを済ませましょう。
請求書発行から14日以内となっていることが多いです。
この支払い期限もショップによって異なるので、必ず確認してください。

代金の支払いは近くのコンビニ、銀行、郵便局で行います。

後払い決済方法の種類

後払い決済にはいくつか種類があり、運営会社によってそれぞれ名前があります。
今現在ネット通販サイトで利用されている後払いはこちらの種類があります。

NP後払い
後払い.com(後払いドットコム)
ニッセン後払い(スコア後払い)
GMO後払い
SAGAWA後払い
クロネコ代金後払いサービス
ATODENE後払い(アトディーネ後払い)
ミライバライ
Paidy
atone(アトネ)
自社後払い
郵便振替後払い
ケータイ払い
その他の後払い

多くのお店ではこの中のいずれかの後払い決済を導入していますが、お店によっては独自の後払い決済を行っているところもあります。

支払い時には後払い手数料が発生しますが手数料はショップによって異なります。
また設定されている利用金額の上限を超えると、一時的に後払い決済を使えないこともありますので気を付けましょう。
上限金額はショップによって異なります。