【NP後払い可能】法人の印鑑・はんこ通販(実印・銀行印・角印)

NP後払いできる法人の印鑑・はんこ通販サイトをご紹介しています。
会社印には大きく分けて「会社実印」「会社銀行印」「角印」の3種類があり、使う場面、手続きによって必要な印鑑が異なります。
それぞれの印鑑の違いと、後払いでオーダー、作成ができるはんこ屋さんをまとめています。
急ぎで欲しい時にも即日出荷対応可能なお店もあり、ネット通販で作成した方が安いお店も多いですよ。
NP後払いは近くのコンビニでいつでも支払い可能なので便利!

はんこ屋通販を比較!NP後払いできる印鑑通販

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコム

NP後払い:手数料205円

送料│540円:5,400円以上無料
配送│13時までのご注文で即日発送
支払│NP後払い、クレジット、代引き、銀行振込、月締め請求書払い(法人団体および個人事業主)

年間41万件販売、日経新聞にも取り上げられる日本最大級のはんこ総合通販サイト
取り扱っている印鑑の種類が多い中、初めてでも説明が丁寧で分かりやすく、購入前でもカスタマーサポートに相談OK。
高品質で激安、特殊な苗字、旧字体も無料で対応
また、印鑑以外にもシャチハタなどのスタンプ類、名刺やカレンダーなどの印刷物、表札やネームプレートまで多種多様のオーダーメイド商品をご用意。
実印・角印・銀行印などセットにした「会社設立印鑑セット」「起業応援セット」を販売していて高品質の印鑑が最大58%オフと格安で購入も可能。
印面が欠けても10年保証付きなので安心です。

参考価格│会社実印:7,000円~/会社銀行印:6,300円~/会社角印・認印:5,800円~

⇒ショップはこちら

⇒即日発送対応商品はこちら


Inkans.com

NP後払い:手数料330円

送料│540円:5,400円以上無料
配送│14時までのご注文は即日発送
支払│NP後払い、クレジット、代引き、銀行振込

ネットショップのみの販売なので、同材質でも他社の半値程度と激安価格で作れます。
彫刻される前に印影デザインを無料で確認できるサービスもあり、納得のいく印鑑を激安でオーダー可能。すべての印鑑に10年品質保証つきで安心です。
黒水牛素材の会社設立印鑑セットが人気No.1!
会社設立時に欠かせない印鑑、実印・銀行印・角印の印鑑3本セットは単品で購入するよりも最大50%OFFとお得!

参考価格│会社実印:3,580円~/会社銀行印:3,580円~/会社角印・認印:3,780円~

⇒ショップはこちら


平安堂オンラインショップ

NP後払い:手数料200円

送料│地域によって異なります:10,000円以上無料
配送│5営業日
支払│NP後払い、クレジット、代引き

印材・彫刻技術の圧倒的クオリティ!高級印材中心で黒水牛・アグニや宝石印鑑、プレミアムウッドなど希少な印材を使った印鑑が作成できます。
数々の受賞歴を持つ職人による完全手彫り印鑑は、こだわりある印鑑を持ちたい人におすすめ。
会社印はその人、その企業を表すもの、会社を支える大事なもの。丈夫で本当に質がいいものを求める人に支持されています。
角類は彫り直しも可能
スピード納期対応商品は平日昼12時までのご注文で、最短2日でお届け可能です。

参考価格│会社実印:11,800円~/会社銀行印:11,800円~/会社角印・認印:8,800円~

⇒ショップはこちら


はんこdeハンコ

NP後払い:手数料205円

送料│540円:5,000円以上無料
配送│平日午前中の注文は即日発送対応可能
支払│NP後払い、クレジット、代引き、銀行振込、郵便振替

シェアNo.1の印鑑彫刻機メーカーが作る、激安で高品質な印鑑を販売しているはんこ屋です。個人・法人向けの印鑑・スタンプ・ゴム印を幅広くラインナップ!
起業・開業・会社設立に欠かせない実印・銀行印・角印の印鑑3本がセットになった「起業・開業3点セット」は会社印鑑専用ケースも付いて最大60%OFF!
旧漢字・旧字体も対応、印鑑10年保証あり、発送前に無料で印影のプレビューを確認できるので安心です。
最短即日発送可。即日出荷希望の場合は電話連絡が必要になります。

参考価格│会社実印:2,880円~/会社銀行印:2,880円~/会社角印・認印:3,980円~

⇒ショップはこちら


スーパーハンコ

NP後払い:手数料330円

送料│地域によって異なります:5,400円以上無料
配送│16時までのご注文は+300円で即日発送
支払│NP後払い、クレジット、代引き、銀行振込

手彫りの法人印鑑など全商品の90%が16時までの注文で即日出荷可能なので早く欲しい時に便利!
法人用印鑑3本セットは最安で9,580円~と破格。激安なのに10年長期保証つきで安心してお買い物できます。
送料無料の印鑑も多数。
毎月お買い得な印鑑セットも登場しています。

参考価格│会社実印:2,490円~/会社銀行印:2,010円~/会社角印・認印:2,010円~

⇒ショップはこちら


会社印鑑ドットコム

NP後払い:手数料205円

送料│540円:5,000円以上無料
配送│平日午前中のご注文は即日出荷
支払│NP後払い、クレジット、代引き、銀行振込、郵便振替

会社印鑑に特化した豊富な品揃え、会社印鑑専門通販サイトです。
印鑑彫刻機のメーカーが行う通販サイトなので激安で高品質な会社印を作ることが出来ます
実印・銀行印・角印のなかで、一番重要な「実印」を高級印材から選ぶことができる起業・開業セットは、もち運びにも便利な専用ケース付き。

参考価格│会社実印:3,880円~/会社銀行印:3,880円~/会社角印・認印:4,780円~

⇒ショップはこちら

会社印、法人印について

会社で使用する印鑑のことを社判(しゃばん)と言います。
これには住所のゴム印や銀行の認印なども含まれる場合があります。

一般的に会社で必要な印鑑として会社実印、会社銀行印、会社角印の3種類があげられます。これから起業・開業・会社設立をするならこの3種類は揃えましょう。
会社実印、会社銀行印、会社角印をセットで販売しているお店も多く、単品で一つずつ揃えるよりもお得に作成できます。
このほか、必要に応じて認印、住所印、ゴム印などを用意する会社もあります。

会社実印(代表者印)

法務局へ「商業登記」を届けるときに登録した印鑑の事で、登録することで会社実印(登記印)としての役割を持ちます。代表者印とも呼ばれます。
サイズは16.5㎜~21.0㎜、18.0㎜が一般的となっています。
印鑑の外枠には会社名、商店名または団体名が入り、内枠には「代表取締役印」(株式会社、有限会社の場合)、または「代表者印」(合資会社、個人商店の場合)の文字が入ります。

印鑑の内枠を「取締役印」「会長之印」「部長之印」等の役職名に変える事で、代表者印とは別に、会社役職印として使用する会社もあります。

会社銀行印

会社が銀行に届ける印鑑のことで、会社が預金の支払いや手形・小切手に押印するためのものです。
取引銀行へ登録する際に使用するので、金銭関係で最も重要な印鑑となります。
会社実印と会社銀行印を併用することもできますが、破損や紛失などのリスク回避や安全性を考えて、分けて使うのがおすすめです。
サイズは16.5㎜~21.0㎜、16.5㎜が一般的です。
外枠には会社名が入り、内枠には「銀行之印」の文字が入ります。

会社角印

会社角印とは、会社実印よりやや大きめに作られることが多く、会社名のみを彫った四角い印鑑のことです。
会社実印と合わせて使われ、注文書などの社外文書の他、稟議書、契約書や領収書などに社名と共に捺印するものです。社印とも言われます。
会社や各種法人、事業所、店舗等の認め印としても利用されます。

会社、団体の権威と象徴表示する大事な印鑑なので他の印鑑より大きめに作られるのが一般的です。
サイズは18.0㎜~24.0㎜で、権威を示す印鑑として様々なサイズから選びます。
印面は会社名、会社名+部署名、商店名、団体名のみが一般的とされています。

後払いとは

後払いとはネット通販サイトを利用する上での一つの決済方法で、商品を受け取ったあとに代金を支払うやり方です。
代金引換、コンビニ前払い、銀行振込、郵便振替などの支払いだと、先に代金を支払わなければ受け取れません。
後払いは商品を先に受け取り、ネットで見た通りの商品がちゃんと届くか、不良品や欠陥品ではないか、といったことを確認してから代金を支払えるので安心して取引できるといったメリットがあります。

後払い決済のやり方

注文時に購入画面で「後払い決済」を選択します。
そのほか必要事項を入力し、注文ボタンを押したら注文完了!
あとは商品と後払い請求書が届くのを待っているだけでOK!
後払いの請求書は商品と一緒に入っている場合と、商品とは別にあとから郵送される場合と2種類あります。
これはショップによって異なります。

後払い請求書が届いたら決められた期限内に支払いを済ませましょう。
請求書発行から14日以内となっていることが多いです。
この支払い期限もショップによって異なるので、必ず確認してください。

代金の支払いは近くのコンビニ、銀行、郵便局で行います。

後払い決済方法の種類

後払い決済にはいくつか種類があり、運営会社によってそれぞれ名前があります。
今現在ネット通販サイトで利用されている後払いはこちらの種類があります。

NP後払い
後払い.com(後払いドットコム)
ニッセン後払い(スコア後払い)
GMO後払い
SAGAWA後払い
クロネコ代金後払いサービス
ATODENE後払い(アトディーネ後払い)
ミライバライ
Paidy
atone(アトネ)
自社後払い
郵便振替後払い
ケータイ払い
その他の後払い

多くのお店ではこの中のいずれかの後払い決済を導入していますが、お店によっては独自の後払い決済を行っているところもあります。

支払い時には後払い手数料が発生しますが手数料はショップによって異なります。
また設定されている利用金額の上限を超えると、一時的に後払い決済を使えないこともありますので気を付けましょう。
上限金額はショップによって異なります。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする