後払い低糖質ドリンク・血糖値対策飲料(お茶・コーヒー・豆乳など)

この記事は約9分で読めます。

後払いでお買い物できる低糖質ドリンク通販サイトをご紹介しています。
糖質制限ダイエットをしたい方、低糖質ダイエットを効果的にやりたいと思う方におすすめの食品や、糖尿病などの病気などで低糖質の食事にしたいという方に。
毎日飲むドリンク類の糖質は案外忘れがち。
甘くなくても味に深みやコクを出すために砂糖が使われていることも多いです。
食事後の血糖値上昇を抑えるトクホのコーヒーもありますよ。

低糖質・低カロリー・血糖値対策飲料

青切りシークヮーサー100 ザ・プレミアム

送料│864円:8,640円以上無料
配送│一週間以内
支払│コンビニ・郵便後払い、代引き

長寿県として知られる沖縄の中でも世界一の長寿村と言われる大宜味村で収穫されたシークヮーサーで作ったシークヮーサージュース
通販だけで累計150万本突破の大人気ジュースです。
血糖値や血圧の上昇を抑える効果があるといわれるノビレチンがゴーヤの約400倍、他社製品の約5倍!疲れにくい体質を作るクエン酸はレモンの約2.2倍!
老化防止、免疫アップ効果のあるビタミンCも豊富に含んでいます。女性に嬉しい美容効果や、健康管理におすすめ!
シロップやはちみつを混ぜて飲みやすくしたり、 炭酸水やサイダーで割って飲むのもおすすめ!

⇒ショップはこちら


低糖質豆乳飲料

低糖質豆乳飲料

NP後払い:手数料無料

送料│432円:4,200円以上無料
配送│約7日程度
支払│NP後払い、クレジット、代引き

低糖質で栄養価が高く甘みとおいしさも感じられる豆乳飲料。従来の豆乳飲料にくらべ糖質90%カットなので、大豆の高品質なたんぱく質をとりつつ、腹持ちも良し。
腹持ちがいいので、食べ過ぎや間食防止にも役立ちます。
ココナッツオイルを始めとした美容成分たっぷりの健康飲料です。
ダイエットで食事制限をしていると、つい栄養不足になりやすいですが、そんなときの栄養補給にもおすすめです。
初回限定価格は12本セットが1,950円送料無料。全額返金保証付きで試せるので安心です。ネット通販限定でお得なまとめ買い、定期購入もあり。

糖質90%OFF!糖質が気になる人のお供はコレ!


フィットライフコーヒー

フィットライフコーヒー

コンビニ・郵便局後払い:手数料無料

送料│無料
配送│1週間以内
支払│コンビニ・郵便局後払い、クレジット、代引き

消費者庁が認定した「特定保健用食品」トクホのコーヒー
食事に含まれる糖の吸収をおだやかにする食物繊維の働きで、食後の血糖値の急上昇を抑える効果が証明されています
手軽でおいしく食後の血糖値対策におすすめ。
お試しは5包で送料無料540円から、大容量セットには初回限定のプレゼント付き

フィットライフコーヒー

糖質制限・低糖質とは

糖質と聞いて甘い物を思い浮かべる方が多いかもしれません。糖質とは甘いものや砂糖のことと思いがちですが、甘くない糖質もあります。
米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などは糖質が主成分です。

炭水化物は消化吸収されてエネルギーになる糖質と、消化吸収されない食物繊維に分けられます。
この糖質は、米、パン、麺類などに含まれるでんぷん、果物やハチミツに含まれる果糖、砂糖に含まれるショ糖などの3種類があります。

たとえば米を原料としている煎餅やおかきには、でんぷんがたっぷりと含まれています。
スナック菓子の主な原料も、小麦やとうもろこし、じゃがいもなどになるので、でんぷんの多い食品になります。
つまり、甘くなくても糖質とされるものもあるということです。

糖質と同じような意味合いで「炭水化物」という言葉が使われる場合がありますが、これは正確な表現ではありません。
炭水化物は糖質と食物繊維で構成されています。
炭水化物のうち、食物繊維を除いたものが糖質です。

糖質と糖類の違い

飲料などで「糖質0」や「糖類0」という記述がありますが、糖質と糖類はなにが違うのでしょう?

糖質というのは、炭水化物から食物繊維を取り除いたものです。つまり、水分やアルコール、脂質、タンパク質、食物繊維、ミネラルに分類されないもの全てです。

糖類は糖質から多糖類、糖アルコールなどをのぞいたもので、単糖類と二糖類を総称したものです。単糖類は果物に多く含まれる果糖や、ブドウ糖などを指し、二糖類は砂糖や麦芽糖、牛乳に含まれる乳糖などがあります。
糖質の中に糖類が含まれていると考えれば分かりやすいと思います。

・糖質0とは糖類、三糖以上の多糖類、糖アルコールなどが含まれないということ
・糖類0とは単糖類、二糖類が含まれないということ

※ここでいう糖質0、糖類0とは栄養表示基準にもとづいた0gで、それぞれの含有量が100mlあたり0.5g未満の場合0gと表示できるのです。
0gといっても厳密に言うと0ではないということも覚えておきましょう。

糖質の必要量

人間のエネルギーを生み出す3大栄養素は、糖質と脂質、タンパク質です。
一般的には、1日約100gほどの糖質が最低限必要であると考えられており、デスクワーク中心であれば1日260gほどが適正と言われています。

糖質の働き

動いているときのみならず、寝ているときも24時間エネルギーを消費しています。このエネルギーはタンパク質、脂質など様々な栄養素によって作り出されますが、まず最初に使われるのが糖質です。

糖質は脳にとっては唯一のエネルギー源でもあり、体を動かすためのエネルギー源で大切なものです。
また赤血球が全身の細胞に酸素を送るエネルギー源になったりと重要な働きを担っています。

人間の体は糖質の摂取量が減少するとエネルギーが足りなくなり、その足りない分を補おうと脂肪を分解します。
そのため、脂肪が減り体重が落ちるのでダイエットに効果的と注目されています。

逆にエネルギーとして使われなかった糖質は体脂肪となり蓄積されます。肝臓や脂肪細胞で中性脂肪になって蓄えられます。
そのため、糖質を過剰摂取し続けると太ってしまうのです。

また、糖質には血糖値を上昇させるという働きもあります。
血糖値が上昇するとそれを下げるホルモンの一種・インスリンが分泌され、あまった糖はインスリンによって脂肪に変わり脂肪細胞に溜め込む働きがあります。
糖質の摂取を減らすとインスリンの分泌が抑えられ、太りにくくなると言われています。

糖質の過剰摂取と不足

糖質過多・摂りすぎ

エネルギー源である糖質は体にとって大切な栄養素ですが、摂り過ぎによる弊害もあります。
使い切れずに余った糖質が、体脂肪となって蓄積されたり、他にも体に様々な悪影響を及ぼすのです。

糖質過多は肥満になる可能性が高く、生活習慣病を引き起こすだけでなく肌や骨の老化、小じわ、酷い生理痛、低血糖症、ガン、精神疾患などあらゆる病気の元になるという結果が出ています。

さらに血液をドロドロにしてしまう可能性もあるため、糖尿病や動脈硬化を発症させたり進行させたりし、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクも高くなります。
このほかにも、免疫力の低下や認知症、歯周病、糖尿病、感染症、骨粗しょう症などの原因になることも。

主食である米や麺類、パンからの摂取だけで十分なはずが、ジュースなどの清涼飲料水やお菓子を摂ることで、糖質過多になっている場合もあるので気を付けましょう。

糖質不足

糖質が慢性的に不足すると全身がエネルギー不足となるため疲労感を強く感じるようになります。
また血液中のブドウ糖濃度が異常に低くなると脳がエネルギー不足となり、集中できなくなったり、イライラしやすくなります。

糖質制限ダイエットは本当に効果的?

糖質を減らした食事制限を行う糖質制限ダイエットは、もともと糖尿病患者に対する糖質制限の食事療法がきっかけで広まったと言われています。

糖質制限ダイエットは効果が高いダイエット方法として人気が高まっています。
糖質制限をして痩せることが目的なので、糖質は体に不要な栄養素だと思ってしまっている方もおおいのでは。

糖質は体を動かすために、なくてはならないものなのです。

もしダイエットや健康維持のために糖質制限を行おうと考えているのであれば、完全に取り除いてしまうのではなく、減らすという考え方で進めるのがおすすめです。
やたらに糖質をカットしてしまうことは体に害を及ぼしたり、悪影響が出ることも考えられます。

極端な糖質オフで急激に減量すると、脂肪だけでなく筋肉がやせてしまい基礎代謝が落ちます。
体が消費エネルギーを極力抑えた状態で体重を維持しようとするため、やせにくく太りやすい体質になってしまうこともあります。

初めは糖質の少ない食品を組み合わせたり、糖質の摂取を徐々に減らすことで、無理のない食事を心がけることが大切です。

糖質の低い食べ物、高い食べ物

どういうものが糖質が低い、高いのか。食品や食材を一覧にしてまとめています。

糖質の低い食べ物

・きのこ類
・わかめ、寒天、トコロテン、もずく
・アボカド
・豆腐、大豆製品
・こんにゃく
・魚
・卵
・肉
・マヨネーズ(砂糖無しのもの)
・バター
・もやし
・ほうれん草
・蒸留酒(焼酎、ウィスキー、泡盛、ジン)
・成分未調整豆乳
・水、番茶、麦茶、ほうじ茶

糖質の高い食べ物

・砂糖
・白米
・麺類
・シリアル
・パン
・小麦粉を使った食品
・カレー、ホワイトシチューなど
・フルーツ、ドライフルーツ
・いも類(さつまいも、じゃがいも)
・かぼちゃ
・トウモロコシ
・レンコン
・ごぼう
・たまねぎ
・調味料
・醸造酒(ビール、日本酒)
・菓子類

後払いとは

後払いとはネット通販サイトを利用する上での一つの決済方法で、商品を受け取ったあとに代金を支払うやり方です。
代金引換、コンビニ前払い、銀行振込、郵便振替などの支払いだと、先に代金を支払わなければ受け取れません。
後払いは商品を先に受け取り、ネットで見た通りの商品がちゃんと届くか、不良品や欠陥品ではないか、といったことを確認してから代金を支払えるので安心して取引できるといったメリットがあります。

後払い決済のやり方

注文時に購入画面で「後払い決済」を選択します。
そのほか必要事項を入力し、注文ボタンを押したら注文完了!
あとは商品と後払い請求書が届くのを待っているだけでOK!
後払いの請求書は商品と一緒に入っている場合と、商品とは別にあとから郵送される場合と2種類あります。
これはショップによって異なります。

後払い請求書が届いたら決められた期限内に支払いを済ませましょう。
請求書発行から14日以内となっていることが多いです。
この支払い期限もショップによって異なるので、必ず確認してください。

代金の支払いは近くのコンビニ、銀行、郵便局で行います。

後払い決済方法の種類

後払い決済にはいくつか種類があり、運営会社によってそれぞれ名前があります。
今現在ネット通販サイトで利用されている後払いはこちらの種類があります。

NP後払い
後払い.com(後払いドットコム)
ニッセン後払い(スコア後払い)
GMO後払い
SAGAWA後払い
クロネコ代金後払いサービス
ATODENE後払い(アトディーネ後払い)
ミライバライ
Paidy
atone(アトネ)
自社後払い
郵便振替後払い
ケータイ払い
その他の後払い

多くのお店ではこの中のいずれかの後払い決済を導入していますが、お店によっては独自の後払い決済を行っているところもあります。

支払い時には後払い手数料が発生しますが手数料はショップによって異なります。
また設定されている利用金額の上限を超えると、一時的に後払い決済を使えないこともありますので気を付けましょう。
上限金額はショップによって異なります。